言葉に重みを持たせる

重要な語句は、繰り返すことで「重要」と理解してくれます。

続きを読む


基本的な検索方法のまとめ

グーグルで検索をする際に、検索の精度を上げる方法として、『基本的な検索方法』を9種類説明してきました。



これまでの内容を読まれた方なら、検索エンジン「グーグル」を使った『検索能力』がかなりアップしているはずです。

これまでに説明した方法を使って、いち早く「求めている情報」にたどり着いてください。




ところで、グーグルのトップページを開いてもらうと、検索窓の横に、「検索オプション」という文字があります。
(検索結果のページの検索窓の横にも「検索オプション」という文字があります)

その「検索オプション」という文字をクリックすると、今までに説明した内容を使って詳細な検索をすることができるページが開きます。

>>>検索オプション

これは、実際にご覧いただければわかると思います。

・AND検索
・OR検索
・AND&OR検索
・除外文字の指定

といった条件を指定した検索をすることができます。

では、今までの説明は無駄だったのかというと・・・

もしあなたが、この「検索オプション」のページをいきなり見たとしても、使い方が良くわからなかったのではないでしょうか?

たくさんある入力スペースはそれぞれ「どういった意味を持つのか」ということがわかりにくいのです。、

ところが、今までの説明を理解されている人なら、すぐに使いこなせるでしょうね。

時間は無限ではありません。
探し物や調べ物は、さっさと済ませて、空いた時間を有意義に過ごしましょう。

さて次回からは、この『検索オプション』のページで、「説明していないポイント」をピックアップしてゆきますので、よろしくお願いします。

フレーズ検索

検索窓に入力した言葉は、自動的に単語単位に切り離されてしまいます。その結果、思ったような検索結果にたどり着くことが出来ないということも。

自動的に切り離されなければ、もっと検索結果がわかりやすくなるのに・・・

こんな場合に利用してもらいたいのが「フレーズ検索」です。

続きを読む

ストップ語の強制検索

グーグルの検索では、「http」や「com」といった英単語は、検索対象から除外されています。

これらのような、検索対象からはずされる語句のことを「ストップ語」と呼びますが、これらの文字を検索の対象に含む方法の説明です。

続きを読む

除外文字を指定する

検索結果に表示される一覧から、このキーワードを含むページを除いた結果を表示させたいときに使えるのが「除外文字の指定」という方法です。

続きを読む

AND&OR検索

前回までの「AND条件」と「OR条件」を組み合わせた検索というのも出来ます。

ちょっとだけ「ややこしい」かも知れませんが、最後まで読めば誰でも理解できますので、堅っ苦しく考えずに、さらっと読んでください。
続きを読む

OR検索

「○○」と「△△」の、どちらか一方でも語句が含まれているページを表示させたい時に使用します。

続きを読む

AND検索

複数の単語を使って調べれば、希望する検索結果まで早くたどり着くことが出来ます。

続きを読む

アスタリスク検索

「アスタリスク検索」

調べたい言葉がはっきりと思い出せないときには、こういった方法もあります。

続きを読む

言葉の意味を調べたいのなら「とは検索」

言葉の意味が知りたいというときに、そのままその言葉を検索窓に入力しても、希望する検索結果が表示されないということがありませんか?

そんなときに使って欲しいのが「とは検索」です。
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。