ストップ語の強制検索

グーグルの検索では、「http」や「com」といった英単語は、検索対象から除外されています。

これらのような、検索対象からはずされる語句のことを「ストップ語」と呼びますが、これらの文字を検索の対象に含む方法の説明です。

ストップ語を強制検索

グーグルの検索エンジンが、検索の対象としている語句は多岐に渡りますが、通常の検索では、「http」や「com」だけでなく、「of」「for」といったような、英文の中に非常に多く出現する文字は、検索の対象からはずすような仕組みになっています。

これは、英文のウェブページ上ではあまりにも多く使用されている語句なので、これらの語句まで検索の対象にしてしまうと、あまりにも検索のスピードを落としてしまうために、検索対象外の語句として取り扱われているのです。

この「ストップ語」を検索の対象にするときに使うのが「+」(プラス)記号です。

「ストップ語」の前に「+」(プラス記号)を追加すると、「ストップ語」を検索の対象にすることができます。

ちなみに、「ストップ語」だけの検索は通常の検索で問題ありません。

また、「ストップ語」の検索方法は、これ以外にも「フレーズ検索」で検索することができます。




このほかにも、便利な使い方を知りたい人は・・・
ここをクリック
  ↓
  ↓
人気blogランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。